インプラントの種類

インプラントで選べるプラン

金属インプラントは奥歯に使用

インプラントは自由診療であり、治療費は高くなりますが、しっかりとしている土台部分を歯茎の骨に結合させるので、かなり丈夫な義歯を取り付けることができます。素材には様々な種類があり、金属製のものからセラミック製のものまで選ぶことができます。金属でできているものは、虫歯の治療で使用するかぶせ物のような見た目となるので、奥歯などのインプラントに用いると良いでしょう。治療費も金属製の義歯のほうが、セラミック製のものよりも安くなるでしょう。セラミック製の義歯は見た目が自分の本来の歯と同じようになるので、目立つ部分に使用すると良いでしょう。

自由診療の治療費は高い?

インプラントの治療費は、健康保険を利用することができないため全額自費での負担となってしまいます。そのため1本あたり35万円~55万円程度という費用が掛かってしまうため、高いというイメージがあります。しかし高額医療費制度の対象となるためかかった治療費の一部が払い戻されますし、そこには交通費なども含めることができます。また、インプラントの寿命は10年以上という長期になりますので、それだけ長期間持たせることができるということを考えてかかった費用を1年当たりに換算すると一概に高いということはできないと言えます。

↑PAGE TOP